ボルネオ熱帯雨林再生プロジェクト

ボルネオ熱帯雨林再生プロジェクト

ボルネオ島サラワク州(マレーシア) 世界で3番目に大きい島ボルネオ島の北西部を占めるサラワク州(東マレーシア)。 総面積124,449.51平方kmのサラワク州の67%が森林に覆われています。 しかし、手付かずの原生林は、そのうち10%弱に過ぎず、希少な野生動物の生息地域が狭まり、 多様な熱帯の遺伝子資源が減少しつつあるのが現状です。

サラワク州政府は、年々伐採量を減らしたり、国立公園や保護地に制定する事で、 熱帯雨林の減少に歯止めを掛けようとしています。 又、森林再生の為の植林活動を推進させています。

私どもは、森林伐採跡地や違法な焼畑などが原因で荒れた土地に、 サラワク州森林局の指導のもと、近隣の先住民族とともに、ボルネオ島熱帯雨林在来有用樹種の環境植林を行い、 森林の保全、熱帯雨林の再生を図る事で、持続可能な自然環境保全への寄与を目的としています。

コーヒー生産者組合を村に

2019年より3年計画(経団連自然保護基金支援プロジェクト)で、持続可能な森林農業のモデル地区の構築としてコーヒー栽培をサバル村に導入 …

詳細を確認する

ドローンの有効利用

2016~18年の3年間(経団連自然保護基金支援プロジェクト)で、ドローンの有効利用として、精密航空地図作成と、3地区の村と小学校の映像 …

詳細を確認する

会員募集・キャンペーン

 先住民の、先住民による、先住民のための活動を継続中。常時、会員募集、及び、キャンペーン開催中です。ご支援をお待ち致しております。 …

詳細を確認する

資料ダウンロード

 企業のCSR活動や教育旅行の一環としての植林。詳細をPDFでご用意いたしております。こちらよりダウンロードできます …

詳細を確認する

2019年度の活動のご報告

NEW**2019年5~6月に、経団連自然保護基金助成プロジェクトのコーヒー生産者組合構築プロジェクトの第一弾のリベリカ種のコーヒーの苗木育成を行っています。詳しくは、こちらまで>>>

 

**2019年4~5月に、経団連自然保護基金助成プロジェクトのコーヒー生産者組合構築プロジェクトの第一弾のリベリカ種のコーヒーの実生育成を始めました。詳しくは、こちらまで>>>

 

**2019年4月1日に、経団連自然保護基金の助成金が認可されました。足掛け10年目、4種類目のプロジェクトとなりました。「熱帯雨林の開発や開拓の削減のためのサラワク州初のコーヒー生産者組合のモデル地域の構築」です。詳しくは、こちらまで>>>

 

**2019年3月23日より、サバル森林保護地区にて、生協連合会アイチョイス協力会の植林を行いました。詳しくは、こちらまで>>>

 

**2019年3月19日より、サバル森林保護地区にて、東京羽田ロータリークラブ創立60周年記念植樹の植林と、年間15haの第8回植林を行いました。 詳しくは、こちらまで>>>

 

**2019年3月19日に、Sk. Nyelitak 小学校と、Kpg, Nyelitak 村にて、Tanah Kami Projectの上映会を行いました。 詳しくは、こちらまで>>>

 

**2019年3月6日より、サバル森林保護地区にて、Tシャツの販売の売上による、エコプロダクツ2018の森植林と、年間15haの第7回植林を行いました。 詳しくは、こちらまで>>>

 

ボルネオ熱帯雨林再生プロジェクト