Borneo Rainforest(SARAWAK)
line decor
  HOME  ::  
line decor
   
●法人概要 ●活動内容 ●会員募集 ●過去の活動 ●ボルネオ地図  ●植林写真館  ●お問合せ  ●リンク 

第6回 ご報告

2019年度 経団連自然保護基金 プロジェクト

コーヒー生産者組合構築

サバル地域へのコーヒー苗木運搬第2弾(2019年10月27日)  

 

本葉がついた約650ポットの苗木と、まだ子葉のみの約250ポットの苗木を、サバル地域へ運搬しました。Taitong村の苗木は、萌芽苗木が約100個  子葉苗木が約300個 未発芽苗木:約50個残っておりますが、発芽しなかったものや、枯れてしまったポットなどを合わせて、合計約900ポットがTatitong村に残っているものを、近日中に、すべて、サバル村へ運搬し、今後は、全ての活動をサバル村で行います。

  

実は、最初は、400ポットほど運べるほど成長したという話で、ハイラックス1台で準備しましたが、今後の活動を考慮すると、早い段階で、サバルに集約していた方が良いという結論となり、約900ポットの運搬を決断しましたが、荷台に2段、かなり生育の良いのは、丁重に後部座席に何とか積み込み運搬しました。このBAUよりサバルまでは、約3時間ほどの移動となります。

  

サバル地域に到着しましたら、まずは、Ekinさんの自宅敷地内の第1回の仮設の苗木場に順次運び込みました。第1回分の葉色が鮮やかでした。非常に良い条件であることから、苗木センターは、すぐそばの同様な条件がそろう場所に特定しました。11月後半頃に、設置予定です。

  

 

第1回の運搬分です。つやつやの本葉ですが、植えるには、まだまだとの事、雨季が本格的になる12月前半には植林したい所ですが、微妙な状況です。

 

Chang氏より、EKIN氏がこれまでの育成方法や維持方法などを説明したのに対し、説明し、今後の育成に関する指導を行いました。有機肥料などを、少しだけ頻度を多くして、成長を促した方が良い事や、湿度の調整などに関しても指導してくれました。

 

かなり予定より遅れておりますが、当面の目標は、12月前半に農園への植え込みが課題で、将来的に、チェリーより苗木を村人自身で作るための施設の苗旗センターや、有機肥料施設などは、タイミングを見て設置予定です。

また、来年2月頃には、村人が、Chang氏のコーヒー焙煎工場の見学もあります。

なお、BAUのTAITONG村は、近日中に、育成の遅いポット苗や駄目になったポット苗の約900ポット全て、サバルに運搬し、今後の苗作りのために育成や再利用をする予定です。

 

2019年 経団連自然環保護基金 コーヒー生産者組合構築プロジェクト 実生育成作業

期間:2019年10月27日

場所:Taitong 村(BAU) から サバル地区へ運搬

本葉苗木:約1650個 (サバル地区) 

子葉苗木:約250個 (サバル地区) 

樹種名:: リベリカ種 ( Liberica )

責任者: Mr. Chang Jong Yiaw

NPO担当:鍋嶋 誠一朗 / Alex Then Yin Siong  

< BAU>

期間:2019年9月〜10月

場所:Taitong 村(BAU)

萌芽苗木:約100個  子葉苗木:約300個 未発芽苗木:約50個

一部、枯れたり、病害虫の疑いがある苗木:約450個

樹種名:: リベリカ種 ( Liberica )

責任者: Mr. Chang Jong Yiaw

実生育成担当:Mr. Phang Nyat Kiaw 一家(5名) 

NPO担当:酒井和枝 / 鍋嶋 誠一朗 / Alex Then Yin Siong  

 

<<<<<戻る

**植林活動をサポート頂ける自治体や団体を広く募集しております。どうぞお気兼ねなくお問合せ下さい。こちらへ>>

**「未来のために1本の木を」は、5000円/1口で、10本を代行で植林いたします。詳しくは、会員募集のページをご覧下さい。

**当団体では、会員や賛助会員を募集しております。詳しくは、会員募集のページをご覧下さい。

 

 

特定非営利活動法人(神奈川県指令N協第1047号)

事務所:神奈川県横浜市鶴見区馬場7丁目30番1-205号

現地事務所:Lot 2598, 2nd Floor, Wisma Sandhu, Green Road, 93150 Kuching, Sarawak, East Malaysia (Borneo)

 

 


 
 
    (C) 2007-2008 Borneo Rainforest (Sarawak)